« 宗教者による神戸メッセージ | トップページ | シン・チャオ・カック・バン! »

1998年4月21日 (火)

異国情緒あふれる地域社会へ

異国情緒あふれる観光都市として名高い神戸。昔からたくさんの外国人が住み、まさに国際色豊かな街として歩んできた。そして外交、貿易など港町として発展してきたこの街は国際都市とも呼ばれてきた。

そんな神戸を自然は襲った。阪神淡路大震災である。ほんの僅か十数秒の地の揺れが神戸の街を破壊した。お洒落な街は一瞬の内に瓦礫の街へと化してしまった。多くの人が犠牲になった。家を無くした人々も数えられない。日本人も外国人も皆同じように被害にあった。地震の被害には国籍の差はなかった。でもそれは本当かな。

震災にあったその日、人々は避難場へ逃げ込んだ。しかし避難場という言葉が分からずウロウロする外国人の姿があった。標識も漢字での表記だけなので読めなかった。行政から出される大切な情報もすべて日本語だった。日本に住んでいるのにどうして日本語ができないのかと平気で言う災害担当官もいた。仲間が集まって食べ物を分け合っていたら、それをどこから盗んだんだと言われた外国人たちがいた。外国人が被災地で火を付けてまわっていると言うデマも一時あった。

このような外国人に対する偏見は震災後4年目を迎えた今でも変わらない。と言うより震災以前からの問題がそのまま残っていると考えた方がいい。外国人たちと共に復興の景気付けにと短期の屋台村を計画した時にも治安が悪くなると地元に反対された。自力で民間の住宅に入ろうとしても外国人お断りの入居拒否はあとを絶たない。職業安定所での就職斡旋は外国人には皆無に等しい。国際都市と名がつく神戸であってもここは外国人にとってはとても住みにくいところだと震災後あらためて知った。

地域社会における問題だけでなくもっと大切な生命に関する問題もある。国は医療に関しては健康保険で対応した。保険証を持っている者は一部負担金も免除され治療費などは助かった。しかし保険証を持てない短期滞在の外国人たちは地震関連での入院費をすべて自費で支払わなければならなかった。それでは災害救助法でと思うがそれもダメ。救護所の設置が間に合わず直接病院へ駆けつけた者は対象にならないらしい。何の為の災害救助法なのか。また長年神戸に住んでいてもビザの期限が少しでも過ぎていれば死亡した者への弔慰金も出なかった。税金は同じように払っているのに生命の保証はされていない。

そんな中、外国人たちの支援をしようと集まってきた仲間たちがいた。もちろん多国籍。そして新しい動きが始まった。「被災ベトナム人救援連絡会(現在:神戸定住外国人支援センター)」は震災後にできた最初の動きで、外国人への震災情報の伝達を主な活動内容とした。そしてその活動の中から今度は電波に乗せて情報伝達をとコミュニティーFM放送局「FMわいわい」が誕生し多言語で神戸の街にメッセージを送っている。「NGO外国人救援ネット」は震災時に発生した外国人の医療費の問題から始まり、今は電話ホットラインで外国人の生活相談窓口を開いている。以上これらはソフト面での支援活動である。「神戸アジアタウン推進協議会」はハード面の支援活動を目指す。アジアの人たちが多い神戸・長田をアジアの街にしようと活動する。街の案内板を多言語標示にするプロジェクトもその一つだ。

このように見てみると震災後にできた外国人支援のネットワークは4年目に入り「救援」から<まちづくり>へと移り変わっている。外国人が直面するさまざまな問題は「かわいそうな外国人への手助け」ではなく、同じ市民として共につくりあげてゆく多文化共生の<まちづくり>を通して初めて解決の糸口が見つけられる。違いを共有することは豊かさを生むことだ。外国人と共に同じ仲間として暮らして行くことによって成長した豊かな社会を築くことができる。そこにはもう外国人という言葉はいらない。

異国情緒あふれる観光都市は異国情緒あふれる地域社会となって始めて国際都市となる。自然災害である地震には負けたけど、新しいものを創り出して行くことによって地震に勝ってゆきたいと思う。

神田裕
朝日新聞・論壇 (1998/04/21)

« 宗教者による神戸メッセージ | トップページ | シン・チャオ・カック・バン! »

かんちゃん日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8574028

この記事へのトラックバック一覧です: 異国情緒あふれる地域社会へ:

« 宗教者による神戸メッセージ | トップページ | シン・チャオ・カック・バン! »