« 990729 ボゴタ市内 | トップページ | 990730 テバイダ村 »

1999年7月30日 (金)

990730 アルメニア着

7/30 6:00 (日本時間同日 20:00)の国内線でアルメニアへ出発。
山を越えて行かなくてはならない。
50人乗りのプロペラ機にのって約30分で到着。

1 3 4

アルメニアは海抜約1,200メートル。ボゴタからは1,200メートル下ることになる。
ボゴタは長袖にジャケットが必要だが、アルメニアはTシャツですむ。
ここは人口45万人の街だ。
コーヒーやバナナの畑が一面に広がっている豊かな街だ。
ちなみに、コロンビア全体では約3,900万人でボゴタは700万人。
コロンビア全体の大きさは日本の約4倍になる。

まず着いて驚かされたことはチェックインやチェックアウトをする建物がない。
地震で全壊したらしく
仮のトタン屋根の下にかろうじてカウンターや機械を置いて対応していた。

1 2 6 
5 3 4

空港に着くと今回援助の受け口となるABRAZAR(アブラザール)協会の所長と
SERVIVIENDA(セルビビエンダ)の代表が迎えに来てくれており
車でアルメニアを案内してくれることとなった。

« 990729 ボゴタ市内 | トップページ | 990730 テバイダ村 »

コロンビア視察 1999」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8763612

この記事へのトラックバック一覧です: 990730 アルメニア着:

« 990729 ボゴタ市内 | トップページ | 990730 テバイダ村 »