« 990801 教会 | トップページ | 990802 エルサレム »

1999年8月 2日 (月)

990802 セルビビエンダ

今日(月曜)は
SERVIVIENDA(セルビビエンダ)を訪問した。
今回のコロンビア行きの目的だ。

01 02 

SERVIVIENDAは建物を提供するNGOだ。
安い建物を提供している。
色んなサンプルがおいてあり
住民たちはここへ来て自分の収入に合った建物を探す。

07 13 05

SERVIVIENDAとはSER(サービス・人間)+VIVIENDA(家族)で
建物を建てる目的はコミュニティーを形成することである。
設立以来25年がたちこれまでに8万件を提供してきた。
家だけでなく学校や教会も建ててきた。

18 03

写真のサンプルにあるような家が
大体数十万円でできてしまう。

17 16

ここで交渉によって家を建てるめどが立てば
人々は毎月支払う分が記入されたチケットをもらう。
数年かけて支払いを済ますことになる。
(写真はそのチケットと支払いカウンター)

34 35

利子はつかない。
支払いが滞っても取り上げられることはない。
そのあたりが企業と違うところだ。

建築業界とトラブルは起こさないのかと尋ねてみた。
答えは「ノー」。
企業はこのような安いものはビジネスにならないので邪魔はしない。
ここにやってくる人々を相手にしない、ということだった。

SERVIVIENDAは社会的に認められている。

セルビビエンダの前身はチリにあるオガルデ・クリストというNGOだ。
(現在も存在している)
1952年にカトリックのイエズス会の宣教師が創めたらしい。

その精神を受け継いだセルビビエンダは1974年に創設。
現在コロンビアのほかに
ニカラグア、ホンジュラス、エクアドル、ペルー、ドミニカ
の6カ国で活動している。

コロンビアには4つの事務所がある。

驚くことに、ここの本部にはなんと60人が有給で働いている。
コロンビア全体では180人のスタッフが働いている。

39 33 37

自分たちの工場や倉庫も持っており建築材料をすべて自前でそろえている。

企業とどこが違うのかと意地悪な質問をしてみた。
答えは「ロビンフット」だと言った。

ピンとこなかったがやり方や目的が違う。
自分たちの利益のためにやっていない、
その人に合ったものを提供する、といったところか。

写真はセルビビエンダのそれぞれのスペシャリストたちの会議だ。
どうすれば住宅の問題が解決するかなどの知恵を出し合っていた。

27 28 29

自分の夢と人生をかけた仕事として関わる。
これがNGOなんだなとあらためて思った。
空いた時間にちょっとするボランティアとは
わけが違うなと思った。

1970年代まではセルビビエンダも
ボランティアだったそうだ。

43

« 990801 教会 | トップページ | 990802 エルサレム »

コロンビア視察 1999」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8763757

この記事へのトラックバック一覧です: 990802 セルビビエンダ:

« 990801 教会 | トップページ | 990802 エルサレム »