« 990803 アブラザール協会 | トップページ | 990803 コーヒー »

1999年8月 3日 (火)

990803 MUSEO DEL ORO

ボゴタ市内の博物館 「MUSEO DEL ORO (金の博物館)」へ行った。

中は撮影禁止だが
この人形だけは撮ってもよかったので
これだけお見せします。

01 02

何千年も前の武士の姿です。
金の武具をつけていますが、こんなんほとんど裸やんなぁ。
お腹突かれたら終わりやん。
ヒモ切れたらパンツ(?)脱げるやん。
と、しょうむないことにすぐこだわってしまうのですが・・・。

とにかくすごい財宝の数々。
警備が大変で博物館自体が金庫の中だ。

コロンビアはマヤやアステカの文化と同じような文化を持っていた。
金とエメラルドをふんだんに使って数々の装飾品が作られている。
コロンビアの中でもいくつもの地域に分かれていて、
それぞれに特徴のある文化を育てている。

ヨーロッパの国々が南米を目指し、
支配していった理由の一端をうかがうことができた。

博物館にきている人々は
日曜日だったので子どもたちでにぎわっていた。
みんなペンを持ってノートに記入していた。
授業のレポートを書いていたんですね。
はじめてここで日本人にも会った。
マツダの社員だった。

コロンビアといえば花の栽培と輸出も盛んだ。
オランダに次ぐほどだそうだ。
5月になればカーネーションの輸出が多くなる。
もちろん日本へも。

母の日にお母さんに送る花はコロンビアから来てたんだぁ。

« 990803 アブラザール協会 | トップページ | 990803 コーヒー »

コロンビア視察 1999」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8763870

この記事へのトラックバック一覧です: 990803 MUSEO DEL ORO:

« 990803 アブラザール協会 | トップページ | 990803 コーヒー »