« 2000年7月 | トップページ | 2000年9月 »

2000年8月

2000年8月 1日 (火)

ジグソーパズル

みなさん、こんにちは。お元気ですか?広報委員会から原稿の依頼がありました。ハッとして気が付けばシャロームに投稿するのは9年半ぶりなんですね。ビックリ!みなさんと時と場所をともにしていたときからもう10年もたってしまったのですね。ここ鷹取での10年もいろんなことあったけど、玉造でのたった1年も色濃かったなぁ。実はこの10年よりもしんどい1年でした。

覚えています?一度説教の時に説教ができないと言った時のこと。もう大変。そういう説教だったのに後でえらい説教されました。ちょうど3年目だったんですね。そうそう、1年かけてみんなで作った大きなジグソーパズル。今でもあるのかな。聖書の勉強会が終わった後なんかにみんなで作りましたね。パズルのひとつひとつ、その時に何を悩んでいたか今でも覚えています。そして完成しました。嬉しかった。完成することによって3年目を乗り越えることができました。ひとりでは完成しなかったよ、きっと。完成しなかったら鷹取での10年もなかったよ、ほんと。

鷹取でも震災直後に玉造でのことを思い出してもう一度ジグソーパズル作りに加わることにしました。今度はもっと大きいまちづくりパズルです。今度はちょっと手強い。何せ完成図が入っていないのです。おまけにパズルのひとつひとつが時々勝手に形を変えてしまう。質の悪いことに他のパズルを弾き飛ばすパズルもいる。そしてもっと質が悪いことがある。それは自分もパズルの一つやということ。これはかなん。ひとごとで言うてられへん。悲しくて涙したこと...辛くて逃げたかったこと...悔しくてからだが震えたこと...嬉しくてこころが震えたこと...楽しくて生きててよかったと...などなど。ひとつひとつのパズルは生きとる。だからもっと楽しい。

そういえば最近、教会もジグソーパズルを始めましたね。今まで大昔に描かれた絵を鑑賞するだけやったけど、その絵も時代に合わずにバラバラになってきてた。絵を描きなおす必要はない。完成図は神さまの心の中にある。だから祈りながら神さまの完成図を参考にしながらみんなで力を合わせてこの時代にそして次の時代に生きれる絵に組み直すんやね。新生計画も集会祭儀も新しい時代に向けての挑戦ですね。

私にジグソーパズルの喜びと楽しさを教えてくれたのは玉造でしたよ。また一緒にジグソーパズルに挑戦しましょうよ。

神田裕
玉造教会シャローム8月号(2000/08)

« 2000年7月 | トップページ | 2000年9月 »