« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004年9月17日 (金)

040917 たきび107

建物が軋む音!
久しぶりの大きな揺れにヒヤッとした。
忘れかけていた感覚が呼び戻された。

また強風でトタンの壁や屋根は一部吹き飛ばされた。
塩害で草木も一気に枯れた。

自然災害はまたいつ襲ってくるか分からない。
身が引き締まる思いだった。

地球は生きている!
これからも避けることはできない。
しかしつき合い方を学ぶことはできるはず。

いま世界を見ると、
いつ襲ってくるか分からないのは自然だけではなかった。
しかしこれは避けることができるはず。

「北風と太陽」の話を思い出した。
地球にはできなくて人間にはできること。
それは「太陽」になることだ!

« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »