« 050508 いよいよ解体始まる | トップページ | 050517 あづまや、子どもの館を解体 »

2005年5月17日 (火)

050517 たきび111

たきび111号を迎え、
郵送物での配信は今号で終了させていただきます。

読者のみなさま、
長い間たかとりを応援してくださいまして
ほんとうにありがとうございました。

10年の間
みなさまからいただいた優しさを糧にして
末長い活動を続けてまいります。
これからもどうぞ見守っていてください。

今は引越しの準備で大忙しです。

広い場所を見つけることが出来まして、
教会の事務所も含めて
みなで隣町へ一緒に移転することとなりました。

しばらくはまだ仮設の状態が続きますが、
移転地での新しい出会いも楽しみです。

まちづくりの集まりやイベント、
そして日曜日のミサにも使ってきたペーパードームは
台湾の被災地へ移設されることとなりました。

被災地同士の交流のシンボルとして
生かされ続けてゆくことができ嬉しく思っています。

そのほかの建物はすべて解体されます。

ボロボロの建物達でしたが
10年間私たちをずっと包んでいてくれてました。
とても名残惜しいです。

すべてが新しく変わってゆきます。
しかし
ただ一つ変わらないものがあります。

1992年6月に多文化共生のシンボルとしてたてられた
あのキリスト像です。

19920607_1 19920607_2
1994_1 1994_2 1994_3

除幕当時も、地震の時も、救援活動の時も、
今も、そして新しい建物が出来てからも、
あの同じ場所に手を広げて立ち続けています。

1995_1 1995_3 1995_2

Img0003_2 1995_6 1995_5 1995_02

嬉しい時も悲しい時も、楽しい時も辛い時も、
いつも同じところに立ち続けていました。

        1995_7 1995_8 1995_9

20050609_2 20050609_3 20050609_1

私たちも震災の中で少しずつ掴んで来た、
国籍や宗教の違い、地域や家族の違い、
そしてひとりひとりの違いを越えて
つながり合うことの豊かさを、決して忘れることなく、
いつも同じ場所に立ち続けて行くことが出来ますように、
これからもどうぞ応援してください。

ほんとうにどうもありがとうございました。

移転先住所:
神戸市長田区久保町6-1-1-201
(アスタくにづか4番館2階)
URL: http://www.tcc117.org/

« 050508 いよいよ解体始まる | トップページ | 050517 あづまや、子どもの館を解体 »

たかとり救援基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8273722

この記事へのトラックバック一覧です: 050517 たきび111:

« 050508 いよいよ解体始まる | トップページ | 050517 あづまや、子どもの館を解体 »