« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月30日 (月)

050530 庭の木はマリストへ

庭の木のいくつかはマリスト国際学校へ運ばれた。

SA310009

ペーパードームのパーゴラの下でくつろぐことが出来るのも
あと数えるほどになってしまった。

SA310017 SA310018

2005年5月29日 (日)

たかとり10年感謝祭

各方面からほんとうにたくさんの方々に来ていただきました。
本当にありがとうございました。

TCC関係者のみなさん
二日間ほんとにお疲れさまでした。
おかげ様でとてもいい感謝祭を催すことができました。

スタッフの皆さんも疲れているにもかかわらず
そして来客としてこられた方々も
とびきりの笑顔が飛び交っていたのがとても印象的でした。

後片付けもビックリするぐらいあっというまでした。
テントは瞬く間に片付けられ
ゴミの山も種類別に仕分けられました。

ありがとうございました!

050528_01 DSC00045 050528_02
050529_01 050529_02 050529_03

ps:
明日はテントと舞台をマリストへ運ぶ予定です。
木々の移植の作業もあります。
ペーパードームや台所、食堂などは5月一杯で電気が止まります。
照明器具の撤去作業があります。

時間のある方はまたお手伝いください。

cf: http://mbs1179.com/117/talk/050528.html

2005年5月28日 (土)

10年感謝祭のお知らせ

連日お疲れさまでした。
たかとり10年感謝祭
いよいよですね!
これまでお世話になった方々に
特別の感謝をこめて
素適な2日間になりますように。
思いっきり楽しみましょう!!!

ps:
この忙しいときに
K太郎君はre:C の助成金の審査日ですね。
二重の準備ほんとにお疲れさまでした。
寝不足がたまっているのでしょう。
明日がんばってね。


<たかとり10年感謝祭のお知らせ>

陽春の候、皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。たかとりコミュニティセンターはこれまで、地域のみなさまとともに多文化共生のまちづくりの拠点として、さまざまな取り組みを続けて参りました。震災から10年を経て、このたびカトリックたかとり教会の再建にあたり、関わって下さったひとり一人の思いのこもったこのペーパードームや仮設の建物にいったん別れをつげることになりました。つきましては、お世話になったみなさまにこの建物での最後の多文化な催しのご案内をさせていただきます。これまでの感謝を込め、ともに楽しいひとときを過ごしたくお知らせ申し上げます。ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加いただけましたら幸いと存じます。

開催日:2005年5月28日(土)・29日(日) 雨天決行
場 所:カトリックたかとり教会 (神戸市長田区海運町3-3-8)

□5月28日(土)
 第1部 (11時30分~12時30分)
   ・ 式典
   ・ 記念フォーラム「たかとり10年をふりかえって」
 第2部 (12時30分~15時)
   ・ たかとりコミュニティセンター・感謝祭

□5月29日(日)
 第1部 (9時30分~11時)
   ・ ペーパードームでの最後のミサ
 第2部 (11時~14時30分)
   ・ カトリックたかとり教会・感謝祭

●両日の感謝祭には多文化な屋台や音楽などを用意しています。
●駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
●たかとりの10年を振り返った記念誌を無料で差し上げます。

たかとりコミュニティセンター

2005年5月27日 (金)

050526 お知らせ

ペーパードーム移設工事開始は6月6日(月)になりました。
イベントが終わってから1週間余裕ができました。
その間にペーパードームの片付けをします。
マイク設備、電気、、、などなどの撤去です。

2005年5月26日 (木)

050525

昨日は終電がなくなるまで教会にいたにもかかわらず
川福さん、池田さん、高木さんは朝の10時から出動。
いやぁここまでくるともう出勤ですねぇ。
私は頭が回りましぇ~ん。

今日は大きな作業はなし。
大きな黒板を2個倉庫へ運んで収納。
トイレの前のテントに目隠しのためのシートを張る。

今度マリストへテントを返すときの準備。
各テントの骨組みに全部ペンキで色をつけました。
色分けしてセットが分かるようにしたのです。
片付けるときはみなさん手伝ってくださいよ。

明日も10時から作業開始です。

ps:
毎日訪問客が絶えないですね。
今日もあわせて20数人の訪問客があったです。

2005年5月25日 (水)

050524 テント大作戦

震災直後はたかとり教会の敷地はテントで張り巡らされていた。
「阿倍野教会」「玉造教会」「愛徳学園」などの名前の書いたテントが
それぞれから支給されてきた。
それらのテントは現在は12ヶマリスト学園に保管されている。

テントは金曜日に張る予定だったが急きょ今日張ることに。
きっかけは兵庫教会からの連絡だった。
今度の日曜日にバザーがあるのでテントを貸してほしいとのこと。
じゃ先にたかとりの分を取りにいこうと
軽トラに乗って川福さん、池田さん、高木さん、須永さんの5人でテントを取りに出動。
Br.ラモンに連絡がつかずマリスト学園に連絡してOKをとる。

たかとりで買った新しい簡易テントと鈴蘭台教会から借りた簡易テントがあるので
マリストテントを3ヶだけ持って帰ることに。
たかとりに戻って張り出したのだがいつもの通りテントの骨組みが数本足りず。

ここで昼食。
ローソクを取りに来た長谷部くんも一緒にツェット特製のサラダとうどんを食べて
再び作業開始。
まずはローソクを車に積み込んで長谷部くんは出発。
そのあと足りない骨組みを取りに川福さん、高木さん、須永さん、金治くんの5人で
今度は2tトラックに乗ってマリストへ。

この間、教会では田辺さんは発泡スチロールの荒ゴミを軽トラで運び出し。
岡村さん夫婦はたくさんの廃棄波板をロープで束ねてくれた。
ヴィンさんは軽トラでクーラー、冷蔵庫をリサイクル店へ運び出し。

マリストへは兵庫教会の分も持っていくつもりで行ったのだが
なんせどれがどの骨組みか分からず
結局は全部のテントを持っていこうということに。
積み込むのに大変だったことといったら。。。ふぅ。
この時点で応援部隊を電話でトミちゃんに要請。

たかとりに戻りすべてを庭にひろげて作業開始。
関さん、吉野さん、水野さんが応援に参加。
テントを立てている内にだんだんと波に乗ってきて
もう全部のテントを張ってしまおうということに。。。

兵庫教会に渡すにしても骨組みを合わすために一度組んで見なければならず
そこまでするんならいっそのこと兵庫には鈴蘭台からの新しい簡易テントを渡そうということに。
簡易テントはアルミ製でワンタッチで開いてくれる優れもの。

それに比べマリストテントは手を挟んで怪我をしながら力づくで立てねばならない。
それでもたかとりではこのテンは一緒に震災を乗り切ってきた大切な「仲間」だ。
たたまれたテントを開いてゆくと独特のにおいがする。
銀杏の実ををつぶしたような酸っぱいような何ともいえないにおいだ。
あの時のにおいだ。
古いテントは作られてから20年以上も経っている。

旧ファシル跡に2ヶ。これはピッタリとハマった。
旧印刷室前に1ヶ。受付に使えばいいのでは。
旧こどもの館跡に2ヶ。1ヶはちょうどトイレの前に立ててトイレの目隠しにもなった。
この前では食べ物系が来るかもしれないが少なくてもカレーは避けたほうがよさそうだ。
旧NGOベトナム前に1ヶ。これはステージのPA用か?
旧リーフグリーン前に2ヶ。これは奥の荒ゴミの目隠しにもなる。

全部で8ヶが立ち並んだ。
何となく10年前に タイムスリップしそうな気分になってきた。

終わってみれば6時を回っていた。
1時間のつもりで手伝いに来てくれた応援部隊のみなさん、
どうもすんません。
今日も一日大変な作業でした。

DSC00034 DSC00035 DSC00036 DSC00037

作業を終えてみなでホッと一息休んでいると Br.ラモンから電話が。。。
「全部張ってしまったのですか?
今度の日曜日に別のNGOが8ヶ使用予約が入っているのに」
「え~っ!ぎぇ~っ!ほんまですか~。
な、な、なんと言うこと。。。」
こちらから先方に直接電話して、、、
「すみません。実は。。。」
「それは困ります。こちらは大分前から予約していたのです。」
「・・・・・・・」

折角一日かけて立てたテントをたたまなければならないのか。。。。
それはなんとしても避けたいなぁ。。。。

電話をして結局鈴蘭台教会のあった別の旧式テント6ヶがあることを突き止め
なんとかそれを使ってもらうことに。。
助かったぁぁぁ~。

グエンさんは奥さんと一緒に教会内の荒ゴミを整理してくれた。
彼らと池田さん、川福さんとで事務所で色々片付けのことなど話し
9時過ぎに一段落してそろそろ解散。。。とその時。。。
アメリカから帰国してきた橋本くんから電話が入った。
「あと40分でそこに行けるけどいますか?」
「みんな待ってるからおいでぇ」
ということで、川福さん、池田さんの3人で待つことに。

それからがちょっと大変!?
連日の作業で遅くなり、また飲んで帰るものだから奥さん方はオカンムリ。
まずは池田さんが奥さんに電話。
受話器の向こうの声がこちらまで聞こえてくる。
なかなか埒があきそうもない。
私が電話を変わって事情を説明。
お酒を飲まないことと今日中に帰ることを約束して許可をゲット!
川福さんの奥さんには池田さんが電話して許可をゲット!

そう考えるとグェンさんは偉い!
連日教会の手伝いをして内職の仕事をおろそかにして奥さんはオカンムリ。
でも今日はちゃんと奥さんと一緒に作業をして私たちとも話して
ちゃんと教会の仕事をしていることをアピール!

みんなここ1ヶ月ほど毎日コツコツと仕事をしてくれてるけど
ボランティアをするってことはいろんな意味でもたいへんなんだなぁ。
個人の気持ちだけじゃなくて家族の理解があって始めてできることやなぁ。
涙ぐましいなぁ。

懐かしい橋本くんが教会へやってきて
日比野さん、吉富さん、千秋さんも夜中の11時ごろやってきた。
話しが盛り上がって盛り上がって気がついたら1時をすっかり回っていた。
もうすぐ丑三つ時やん。。。。で解散。
もう最終電車もすんでるし、どうやってみんな帰ったんやろかぁ。

たかとりは昔も今も不夜城だぁなぁ。

ところで今日も川福さんと池田さんは家でしぼられるんやろなぁ。
ご愁傷さま様ぁ。

2005年5月24日 (火)

たかとり教会感謝祭

22日日曜日のミサはたかとり教会の感謝祭。
これまで頑張ってきたことをお互い労った。

とくに教会のお年寄りたちには世話になった。
ずっとこころの支えになってきてくれた。
明日23日は最長老の長谷川総子おばあちゃんの満100歳の誕生日。
みんなでバースデーケーキでお祝いした。
ローソクの火を消す時入れ歯が飛ばないか心配した。

20050522_5 20050522_1
20050522_8 20050522_2
20050522_7 20050522_9

子どもたちはお祝いの歌を歌い、私にも花束をくれたよ。

20050522_3 20050522_4

ミサの後は雨にもかかわらず
ベトナムの人たちのパワーで
残っていたコンパネの枠をはずして別々にする作業をして
使えるものはトラックに積み終えました。
ペーパードームの西側扉はある時期から溶接をして開かなくしていたのですが
来週のために溶接をはずして開くようになりました。
扉二つは外れてしまいましたけど。。。

SA310002 SA310003 SA310004

午後からは会議で出かけたのですが
帰ってきたら司祭館で飲めや歌えやの大宴会!でした。
彼らはまだまだパワーがあまっていました。

月曜日朝に材木はトラックで姫路まで運ばれていきました。

月曜日は午後から
川福さん、池田さん、須永さん、高木さん、高山くん、リーフグリーン○○姉さん出動。
残った材木の解体整理をしてくれました。

明日は10時から作業です。
荒ゴミの移動整理などです。

ローソクも丸五市場の倉庫へ運ばれます。

ps:
池田さんは4月からシルバーカレッジに通い始めたそうです。
「老いてもう一度学んで社会に貢献」(?正確ではない)が合言葉だそうです。
そういう意味では今たかとりはまさにシルバーカレッジですよね。
「老いてもう一度体使って社会に貢献」。
昔の若者の方が体力あるなぁとつくづく思います。
池田さんは「シルバーカレッジは別嬪さん多いでぇ」と喜んでられましたが。。。
「老いてもう一度恋して社会に貢献」かなぁ。。。

2005年5月21日 (土)

050520

今日も朝10時には川福さん、池田さん、高木さん、須永さん、ツェットで作業が始まりました。
アルミサッシのガラスとアルミを仕分けすることからスタートです。
アウェップの奈良さんもひとりコピー機の解体の後始末をしてられました。

昼に戻ってきたら日比野さんとK太郎君と為岡さんとルアンさんとガさんがフル回転でした。
今日は昨日にもまして暑い中お疲れさんでした。

ペーパードーム横の荒ゴミはすっかり整理されて片付きました。
敷地内の荒ゴミもほとんど北奥の荒ゴミ置き場に移動しました。
みんなが毎年使っていた灯油の入れ物も片付けられました。
散らばっていた本も整理されてトイレ横に積まれています。
あづまやの解体後もブロックで整備されました。
FMYY横のペンキ缶の山もすっかりと片付けられてすっきりしました。
あとはローソクの移動を待つのみです。

中休みにはお坊さんからいただいたスイカをみんなで食べました。
甘くて美味しかったですねぇ。

最後に日比野さんとK太郎君と為岡さんに
丸テーブルや司祭館のソファー数個、机、テレビなどなどを
アスタに運んでもらいました。

昨日はもうないと思っていたのに
一日片付けているうちにまたまた廃材が出てきました。
不思議ですねぇ~。
まるでポケットの中のビスケットみたいやぁ。

2tトラックで運ぶほどではないにしろたまってきました。
須永さんいわく、、、
「確か近くにまだ薪を使っている風呂屋があるはずだ。明日探してくる」
見つかればちょうどいいですね。

ガさんとツェットいわく、、、
「こんな過酷な仕事はベトナムでもせえへんでぇ!ほんまにぃ!」

みなさんほんとにありがとう。

2005年5月20日 (金)

050519

一昨日とは打って変わって紫外線一杯の好天気。
昨日は9時半から作業が始まりました。
釘を除くための新兵器は実は磁石だったのですが
なんとステンレスの釘がたくさんあって完全には吸いとらず
手作業は免れません。

いつものメンバーに池田の節ちゃん、須永さん、ヴィンさん参加で始まりましたが
途中千秋さんが立ち寄ったついでに作業に参加。
高木さんの「千秋さん、釘踏んで空気が抜けないように。。。」
の言葉に励まされて化粧もはげ落としながら一仕事。
残念ながら釘を踏むことがなく
空気が抜けてしぼむことはありませんでした。
しかし化粧がはげた分小さくなったかも。

友だちを神戸で案内をしていてたまたま教会に来たフン君も手伝ってくれました。
午前中にトラック一杯になり昼食後にグエン・池田ペアーで第1便出発。

昼食はさすがにカップラーメンは飽きてきたので
川福さんがスパゲッティを作ってくれました。
焼きそば風スパゲッティは美味。
それにツェットが作ってくれた手あか付のおにぎり。

昼からはエプロンほっかぶり姿の吉冨隊長率いるファシル特別部隊3人が参加。
釘拾いぐらいと思いきや何の何の。。。。
一人10馬力の特異体質?を活かしてあっというまに裏手の廃材が片付いてゆきました。
そういえば大学時代に女子プロレスに誘われてたと言ってたなぁ。
空手をしていた妙ちゃんもいたなぁ。
知らんかったけど津川さんって重量挙げでもしてたんやろかぁ。
煎餅屋の山本さんもみんなのマスクを持ってきてくれてヘルメットをかぶって参加。
重たい荒ゴミもあっという間に仕分けされてゆきました。
たくさんの大工道具も新しい場所に移動されました。

そうそうファシル特殊部隊の陰に隠れて言いそびれたが
YYのK太郎、TCC金治くんの普通部隊も参加。
ファシル特殊部隊の下請け?をしっかり担ってくれました。

作業的には黒板などの化粧版剥がしが大変なことでした。
4時半にはトラックがまた4メートルの山盛りになり
ヴィン・池田ペアーで第2便が出発。
後半高山君が今日は葛餅を持ってきてくれました。

これでほぼ大きなゴミは片付けられました。
先週土曜日の解体前作業から約1週間。
たくさんのみなさんの協力で大きな仕事が出来ました。
どうもありがとうございます。

しかしこれで終わったわけではなくまだまだ続きます。
仕事の合間にまた教会のほうに顔を出してくださいませ。

2005年5月19日 (木)

050518

昨日も朝の9時から17時まで
雨の中まる一日中片付けにかかりました。
いつものメンバーに森木さんをはじめアウェップスタッフ
最後に田口君も来てくれました。

作業をしている間もペーパードームの見学客が出入りするのですが
ちょっとぐらい気を利かせて手伝ってくれたらいいのになぁ~。
今日はマレーシアから数人が来ていました。

アウェップはコピー機と流しを解体しました。
今回プレハブを解体して分かったことですが
アウェップの部屋はとても上等な部屋でした。
天井と屋根が3重4重になっていて壁もしっかりしていました。
これはプレハブハウスじゃないですね。
さすがのベトナム人たちも解体にネを上げていました。

ゴミの仕分けは大分進んできました。
知り合いの工務店の人にマニフェストをもらって
木材は今日2tトラックで苅藻にあるリサイクルセンターに運びました。
制限高の高さ4メートルまでトラックに積み上げてグエンさんと池田さんが持っていってくれました。
トラック一杯で2万2千円の費用がかかりました。ここが一番安いところですが
そのためには木材以外のものが入らないように仕分けしなければなりません。
その他の荒ゴミはその2,3倍はかかるようです。
業者に頼めばまた倍ほどかかるのでしょうか。
ゴミはほんとうにお金がかかります。
畳は一枚捨てるのに1500円ほどかかるそうです。
子どもの館の畳を捨てるのに2万円ほどかかりそうです。
簡単にゴミを出さないようにしたいですね。
明日も続きがあります。あと2回ほど捨てに行かなければなりません。

高木さんは電灯の撤去もしてくれました。
川福さんは表の掲示板の撤去もしてくれました。
池田さんはまた釘を踏んでしまいました。
軽トラも釘を踏んでパンクしました。
それで今日釘を片付ける新兵器を買ってきました。
明日お見せいたしましょう。

みんなもビックリしたのですが
今日ヘルメットをかぶって力仕事をするツェットを発見しました。
幻を見ているのかと思いました。
もっとビックリしたのですが
つっかけを履いて木を運んでいました。
明日は起きれるのでしょうか?

リーフグリーンの関さんと杉山さんはアスタに物を運んでいました。
ベトナムのシクロも運んでくれました。

テックの高山君は差し入れを持ってきてくれました。
西山さんはみんなの名札の打ち合わせに来てくれました。
楽しみですね。

キリンビバレッジが工事中も自販機を置かせてほしいと営業に来ました。
断りました。

明日も木材の片づけから始まります。
みなさん是非手伝いに来てください。

2005年5月18日 (水)

050517 あづまや、子どもの館を解体

先週に続き日曜日に子どもの館とあづまやを解体しました。
解体当日は教会のメンバーだけでしましたが
前日の解体前準備にはTCCのメンバーも数人手伝ってくれました。

PAP_0010 PAP_0008 PAP_0011 PAP_0012
SA310005 SA310008 PAP_0013 PAP_0015
SA310007 SA310009 PAP_0019 PAP_0020
SA310006 PAP_0022 PAP_0017 PAP_0016

お金がないので少しでも解体費をうかすためと
最後のイベントのためにスペースを広げるためですが
一段と広~い敷地になってきました。
しかし、ゴミの山が出来ています。

SA310001

昨日自動販売機が撤去されました。
電気の一部もストップしました。
現在電気がつくのは
司祭館、ペーパードーム、トイレ、台所と食堂です。
敷地内の明かりも司祭館前とリーフグリーン横のトイレのみです。
一段と暗く寂しくなってきました。
ただ、建物がなくなって邪魔がなくなり
通りの街灯が差し込んできてほのかに全体が明るいです。

ゴミの件ですが
一般ゴミは午前中、ツェットと川福さん、高木さんががんばってほぼ片付いています。
廃棄するクーラーはヴィンさんが午前中軽トラで三木まで運んでくれました。
昼からは川福さん、高木さんと私で鉄くずをトラックに詰めました。
2t トラック山盛り一杯になりました。
明日グエンさんが三木まで運んでくれます。
夜には池田さんが荒ゴミを片付けてくれました。

水曜日は朝から木の山のゴミの整理をします。
コンパネ板と角材を仕分けます。
コンパネは日曜日にトラックで運びます。
200枚位あります。

まだ残っている作業は。。。
各団体の使っていた部屋の電器やクーラーなどの取り外し。
ソファーやシクロなどをアスタに運ぶ。
すべてのゴミの仕分け。
トイレの掃除をしなくなったので汚いです。

FMYY前にあるたくさんのローソクはどうしますか?
アウェップのコピー機と冷蔵庫と流しが敷地内に取り残されています。
イベントまでにテントを取りに行き設置しなくてはなりません。

これらを1週間以内にしなければなりません。

ツェットからもメールがありましたが
アスタの片付け、日常業務、10周年イベント企画の追い込み準備も大変でしょう。
ちょっと時間が空けば教会にも戻ってきてくださいな。
川福さんと池田さんと高木さんは毎日来てコツコツと片付けてくれていますが
しなければならないことがまだまだ山ほど残っていま~す。

2005年5月17日 (火)

050517 たきび111

たきび111号を迎え、
郵送物での配信は今号で終了させていただきます。

読者のみなさま、
長い間たかとりを応援してくださいまして
ほんとうにありがとうございました。

10年の間
みなさまからいただいた優しさを糧にして
末長い活動を続けてまいります。
これからもどうぞ見守っていてください。

今は引越しの準備で大忙しです。

広い場所を見つけることが出来まして、
教会の事務所も含めて
みなで隣町へ一緒に移転することとなりました。

しばらくはまだ仮設の状態が続きますが、
移転地での新しい出会いも楽しみです。

まちづくりの集まりやイベント、
そして日曜日のミサにも使ってきたペーパードームは
台湾の被災地へ移設されることとなりました。

被災地同士の交流のシンボルとして
生かされ続けてゆくことができ嬉しく思っています。

そのほかの建物はすべて解体されます。

ボロボロの建物達でしたが
10年間私たちをずっと包んでいてくれてました。
とても名残惜しいです。

すべてが新しく変わってゆきます。
しかし
ただ一つ変わらないものがあります。

1992年6月に多文化共生のシンボルとしてたてられた
あのキリスト像です。

19920607_1 19920607_2
1994_1 1994_2 1994_3

除幕当時も、地震の時も、救援活動の時も、
今も、そして新しい建物が出来てからも、
あの同じ場所に手を広げて立ち続けています。

1995_1 1995_3 1995_2

Img0003_2 1995_6 1995_5 1995_02

嬉しい時も悲しい時も、楽しい時も辛い時も、
いつも同じところに立ち続けていました。

        1995_7 1995_8 1995_9

20050609_2 20050609_3 20050609_1

私たちも震災の中で少しずつ掴んで来た、
国籍や宗教の違い、地域や家族の違い、
そしてひとりひとりの違いを越えて
つながり合うことの豊かさを、決して忘れることなく、
いつも同じ場所に立ち続けて行くことが出来ますように、
これからもどうぞ応援してください。

ほんとうにどうもありがとうございました。

移転先住所:
神戸市長田区久保町6-1-1-201
(アスタくにづか4番館2階)
URL: http://www.tcc117.org/

2005年5月 8日 (日)

050508 いよいよ解体始まる

連休中にTCCの団体はアスタへ引越しを始めた。
日曜日ミサ後、まずファシルが使っていたプレハブが解体された。

ベトナム人パワーが全開した。
ベトナム人パワーが全壊した。
11時に始めて、終わったのが13時半だった。
アッという間の出来事だった。

SA310097 SA310099 SA310100 SA310101
SA310103 SA310104 SA310106 SA310108
SA310111 SA310112 SA310114 SA310115
SA310117 SA310118 SA310120 SA310122

« 2005年3月 | トップページ | 2005年6月 »