« 050608 ペーパードーム解体3 | トップページ | 050610 リサイクル業者 »

2005年6月10日 (金)

050609 ペーパードーム解体4

今日はむちゃくちゃ暑かった。
こんな暑い中でも作業の兄ちゃんたちはがんばった。

DSC00505 DSC00506 DSC00507

午前中で残りの柱は撤去できるはずだったが
上で柱をつないでいる板をはずすのに手間取り
結局1日かかることになった。

DSC00490 DSC00494 DSC00492 DSC00487
DSC00510 DSC00512 DSC00500 DSC00517
DSC00514 DSC00515 DSC00519 DSC00521

たかとり解体部のメンバーもこの暑い中がんばった。
高木さん、須永さん、川福さん、佐藤さんのタフガイ!
大きな湯沸かし器の運び出し、仕分けしたアルミの運び出し、
荒ゴミの整理とビックリするほどたくさんの大工道具の整理。
だんだんと片付いてきた。

DSC00583 DSC00582 DSC00584

台湾からのスタッフ2人も作業の確認や撮影に徹していた。

昼にはガちゃんから吉野家の豚丼がみんなに差し入れられた。
これがまたおいしかった。サラダ付きだ。
牛丼がなくなってからは吉野家には行かなかったが
豚丼もなかなかもものだ。
ガちゃんありがとう。

DSC00528 DSC00529 DSC00532 DSC00530

昼食後の休憩時間は須永さんの保険体育の授業を受けることに。。。?
「割礼というのがあるが、これはいわゆる包茎の手術だ。チンチンの皮を切るのだ。」
「痛ぁ~い!」
「これは宗教上の問題だが、ルーツは衛生上からかも。。。」
「ほぉ~。」
「女性にも同じことをするところがある。」
「へぇ~~。でもそれはなんぼなんでもあかんやろ。意味ないでぇ。」
「・・・・・・・・」
延々続くがこの辺でやめとこう。
ペーパードームの解体には何の意味もない。

午後からは一段と暑さが増してきた。
正確には測っていないが30度ほどの暑さに感じられた。
それでもタフガイたちは手を休めることはない。
いらないスチールの机を数個トラックに積み込んだ。

DSC00561 DSC00565

私はこの暑さで体を動かす元気が出なかった。
写真を写すことだけに徹することにした。ごめん。

   DSC00544 DSC00546 DSC00549 DSC00553
DSC00570 DSC00569 DSC00579 DSC00572
DSC00554 DSC00556 DSC00558 DSC00580

5時ごろ紙管の柱はすべて抜き取られ
ペーパードームの解体は完了した。

DSC00587 DSC00590 DSC00605 DSC00600

みんなは5時過ぎまで作業を続けた。
やっと一日が終わり、ビールで乾杯!
ちょうどその時、ヴィンさんがビールだけ飲みにやって来た。

台湾から来ているスタッフのささやかなご苦労さん会が
司祭館で6時から始まった。
台湾プロジェクトのメンバー、地域、工務店のひと。。。
紹興酒で乾杯!

DSC00596 DSC00597 DSC00598

ps:
朝から教会に柄シャツを着た自称ヤクザがやってきた。
司祭館の前まで来て、、、

「神父さんおるか?」
「わたしですけど」
「あのなぁ。工事の音がうるさいやないか!」
「あっすんません。お宅はどこの方ですか?」
「どこでもええやないか!」
「すんません」
「すんませんですむんか?ちゃんと挨拶に回らんかい!」
「周辺は回ったのですが」
「オレのところは来てないぞ!」

・・・段々と大きな声で凄んできた・・・

「教会は周辺に平気で迷惑をかけてええんか!それが信仰か!」
「すみません。普段からも色々迷惑をかけています」

・・・ちょっと穏やかになってきた・・・

「そういやぁこないだ神父さんはテレビに出てたな」
「はい、すんません」
「ええか、神父やったら分かるやろ。迷惑をかけたらあかん!」
「はい」
「一言が大事や!一言ですむんや、こんなことは」
「はい、すんません。今から回りましょか?一緒に行ってくれますか?」
「あほぉ、もうええ」

・・・そのまま門のところまで歩いて行ったので
戻ってこんように私も門のところまで後ろをついていった・・・
門の外に一人のおばさんが向こう側を通りかかった。

「おい!○○のおばはん!ここうるさいやろ!」
「・・・・・・・」
「なんやあのおばはん無視しやがって。あいつはあかん!」
「そうですか」
「オレはなぁ、ヤクザや!昭和15年生まれや。長いことこの辺におる。
この辺のことはよぉ知っとる。あの公園のとこは昔水田やったんや」
「へぇそうですか?そんならこの教会は昔は何でしたん?」
「そんなもん知るかぁ!」
「あっ知らんのですか」

・・・南に歩き始めようとした時・・・

「神父さん、女紹介せぇや!」
「はぁ?」
「ウソやぁ。ホンキにするなぁ。冗談やぁ。」
「でしょうねぇ。ところで私はカンダヒロシといいますが、
お宅は名前は何といいますのん?」
「オレか?オレの名前はタツオや」
「なにタツオですか?」
「タツオだけでええ」

・・・歩き始めたがまた振り向いて・・・

「なぁ神父さん、女紹介せぇや!」
「・・・・・・」
「ウソやぁ。またホンキにしとる。冗談やぁ。」

・・・南の角を曲がるときにまた振り向いて・・・

「こんど神父さんとこに聖書の勉強聞きに行くかもしれんからな」
「・・・・・・?」

何とか金もせびられんと無事に帰りよりましたが
一時はどうなることかと。。。
しかしそれにしても神父と分かってて女を紹介せぇとは何事や。
ほんまにけしからんヤツや。
それか。。。私を仲間と思ったんやろか?
そうやったらもっとけしからん。

DSC00607

« 050608 ペーパードーム解体3 | トップページ | 050610 リサイクル業者 »

たかとり【解体】日記」カテゴリの記事

ペーパードーム【解体】日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8323278

この記事へのトラックバック一覧です: 050609 ペーパードーム解体4:

« 050608 ペーパードーム解体3 | トップページ | 050610 リサイクル業者 »