« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月24日 (土)

051224 ベトナムちまき

正月に向けベトナムのちまき作りも始まった。

Dsc04225 Dsc04224
Dsc04226 Dsc04223 Dsc04222

2005年12月22日 (木)

051222 このまま年越し

部屋から眺めたたかとり教会。
もうすぐクリスマスやし、このまま年越しやなぁ。

Dsc04207 Dsc04204 Dsc04205 Dsc04206 

2005年12月18日 (日)

051218 あとは片付けやぁ2

片付けは今日も続く、、、

Dsc04179 Dsc04181 Dsc04182 Dsc04183

あっ、済鱗寺の明石さんが来たぁ。。。
お互い写真を撮り合ってどうすんの。。。
明石さん、後ろからも撮られてるでぇ。。。

Dsc04184 Dsc04186 Dsc04188 Dsc04193

2005年12月15日 (木)

051215 番屋出現!

解体が進むたかとり教会の最中にあって
小屋が突如出現。

DSC04169 DSC04164 DSC04171 DSC04175

すべてが無くなってしまうことが忍びなかったのだろうか。
入り口の門を入ってすぐ左の緑のトイレの前に
たかとりシルバー隊は小屋を作ってしまった。

DSC04200 DSC04201 DSC04202 DSC04243

廃材のコンパネや扉を使い、あっという間に出来上がった。
皆は「番屋」と呼ぶ。

奥の緑のトイレと一体となっており
寒さしのぎの部屋は実に居心地がよい。

しかし、解体作業をしているというのに
その横で建物を建てるかぁ。。。

2005年12月11日 (日)

051211 あとは片付けやぁ

司祭館の解体跡は瓦礫の山。。。
またみんなの出番がやってきたぁ。

Dsc04064 Dsc04073 Dsc04067 Dsc04062

NHKの出番もやってきたぁ。

Dsc04072 Dsc04095 Dsc04063 Dsc04110

金属類はいつものように分別して売りに行くよぉ。
これで他のゴミを捨てる資金にするんだぁ。

Dsc04082 Dsc04086 Dsc04081 Dsc04098

今日も一日が終わった。

Dsc04099 Dsc04106 Dsc04107 Dsc04139

2005年12月 9日 (金)

051209 フェンス作り

防音のための工事用ネットが取り外された。

DSC03939 DSC03940

するとペーパードームの解体後とFMYYの解体後の壁がない。
大工さん2人に来てもらってみんなで塀作りをした。

リースのパイプを外した後に大工さんのパイプをもう一度設置。

DSC03944 DSC03945 DSC03947 DSC03949

司祭館から取り出したコンパネを再利用。

DSC03942 DSC03943

大工さんがパイプで骨組みを作っている間に
みんなは少しでも綺麗なコンパネを選んで、一つずつ穴を開け
バンセンをパイプに巻いて出来上がり。
あっという間に壁が出来てしまった。

DSC03951 DSC03952 DSC03957 DSC03955
DSC03958 DSC03959 DSC03960 DSC03963

夕方5時、解体業者さんたちがすべての作業を終えて引き上げる。
「神父さん、これで帰ります。みなさんよくがんばりますね。
プレハブから何から全部手作業で解体しはったんでしょ。
みごとなものです。素人さんたちとは思えないですよ。
今度来た時にどこまで土間コンが解体されているか楽しみですよ」
そう言ってトラックに乗って帰っていかれた。
DSC03967

2005年12月 8日 (木)

051208 司祭館解体終わる

業者さんによって司祭館が解体されているその最中も
たかとりはおとなしく見ている、、、わけじゃない。

DSC03821 DSC03846 DSC03849 DSC03852

気がついたら土間のコンクリートを叩き割り始めた。
いつもそうだけど、誰かが何かを始めると
もう止まらなくなってしまう。
NHKの撮影に来ている兄ちゃんたちも加わった。

DSC03854  DSC03857 DSC03866 DSC03922

18日に大国公園で地域のもちつき大会があるけど
そのウォーミングアップってところかな、、、。。。

休憩中の3人の業者さんたちはあきれ顔。
「えっ、彼らは一体何を始めたんだ?」
「このコンクリートをハンマーで割ろうというのか?」
「600坪もあるんだよ」

DSC03875 DSC03876

「神父さん、これ全部するの?」
「まぁね。できるとこまで。。。」
「えっ?体つぶれてしまいますよ。
ほらあの男の子、明日朝起きられへんで。
機械でしたらすぐにめくれるのに」

DSC03856 DSC03925
<本人曰く、、、
いつも重たいカメラを担いでいるから大丈夫ですよ>

「効果はあんまりないけど実は楽しいんですよ」
「なるほどねぇ。まぁがんばってください」

DSC03878 DSC03882 DSC03884 DSC03886
DSC03904 DSC03911 DSC03912 DSC03914

業者による解体作業はとりあえず終了した。

DSC03880 DSC03895

2005年12月 6日 (火)

051206 司祭館解体始まる

6月から始まった解体作業は終盤をむかえている。
6日からようやく業者が入り最後の建物(司祭館)が解体されている。

DSC03637 DSC03645 DSC03649 DSC03651
DSC03658 DSC03662 DSC03663 DSC03672
DSC03691 DSC03692 DSC03706 DSC03715

みんなも朝から見守った。

DSC03668 DSC03678 DSC03726 DSC03727

震災で唯一残っていたこの建物は、全壊判定ではあったが、
ボランティアの宿泊所、物資倉庫、会議室、救援基地事務所として
時に応じてその役割を担ってきた。
私個人的には日常生活の場でもあった。

DSC03724 DSC03731 DSC03739 DSC03741

78年前にたかとり教会が設立された時に
元町の旧外国人居留地から移設されてきたもので
築100年とも言われている。
もともとは銀行として使われていたそうだ。

DSC03745 DSC03753 DSC03755 DSC03759
DSC03761 DSC03762 DSC03763 DSC03765
DSC03767 DSC03777 DSC03791 DSC03793

戦争、地震などさまざまな時の流れをその柱や壁に刻みながら
今その役割を終え、新しい時代へその役割を託して行く。

DSC03801 DSC03795 DSC03816 DSC03818

ps:
業者による解体作業は潰しだけで
解体後の仕分け作業はまだまだ手作業で続きます。
お手伝いくださ~い。

2005年12月 5日 (月)

051205 階段もなくなった2

2階への階段がなくなった司祭館で上に上がるのはたいへ~ん。
川福さ~ん、落ちないでよぉ。

Dsc03602 Dsc03599 Dsc03600 Dsc03601

2階に上がれば、、、隣の部屋が見える、外が見える。。。

Dsc03604 Dsc03608   Dsc03609 Dsc03610

NHKの番組の取材も始まった。

Dsc03583

Dsc03586

2005年12月 2日 (金)

051202 普段、、、3

Dsc03539 Dsc03535 Dsc03536

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »