« 060117 たきび112 | トップページ | 060129 燻燦老乱2 »

2006年1月24日 (火)

060124 燻燦老乱

解体が進むたかとり教会の最中にあって突如出現した番屋。
http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2005/12/051215_7485.html

ちあきさんのブログにも紹介されている。
http://fmyykim.exblog.jp/m2006-01-01/#2474682

作業の後に炭火を入れ
体や心を暖めるに最適な小屋だ。
ちゃんと空気抜きも作ってあり酸欠で倒れることも無い。

DSC04267 DSC04250 DSC04271 DSC04249

飲み会や会議もここで行われている。
何と先日は15人がギュウギュウ詰めで楽しんだ。

DSC04275 DSC04253 DSC04247 DSC04258

ただ一つ難点が。。。
家に帰ると体中から煙のにおいがする。
まさに燻製になっているのだ。

この部屋に名前が付いた。
「燻燦老乱」。
なんとお洒落な名前か。
Yves Saint Laurent(イヴサンローラン)だ!
キラキラと燻されて乱れて老いなるかな。

ps:老いては乱れないかぁ。。。

DSC04343 DSC04344 DSC04345

« 060117 たきび112 | トップページ | 060129 燻燦老乱2 »

たかとり【解体】日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/8319471

この記事へのトラックバック一覧です: 060124 燻燦老乱:

« 060117 たきび112 | トップページ | 060129 燻燦老乱2 »