« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月25日 (土)

060225 ただいま整地中

キリスト像が漂流してる。。。

DSC05006 DSC05017 DSC05022 DSC05005
DSC05032 DSC05030 DSC05009 DSC05021
DSC05026 DSC05049 DSC05050 DSC05025
DSC05033 DSC05036 DSC05057 DSC05056
   

2006年2月20日 (月)

060220 本格的に解体が始まる

雨に中、いよいよ本格的に最終の解体が始まった。
重機が2台入り次々に土間コンや基礎を剥がして行く。
剥がすごとに地響きがして地震がきたかと思ってしまうぐらいだ。
ご近所の皆さん、しばらくご迷惑をおかけします。

DSC04983 DSC04966 DSC04974 
DSC04976 DSC04989 DSC04982

川福さん、高木さん、須永さん、池田さん、そしてルアンさんは
朝から片づけを手伝いに来てくれた。
グェンさんはトラックに積んだ木材を姫路に持って行ってくれた。

DSC04980 DSC04992 DSC04993

最後に塀を撤去して完了するまで約2週間ほどかかる。

2006年2月19日 (日)

060219 燻燦老乱4 いよいよ解体

今日ですべてが終わる。
ミサの後、いつものように三々五々集まりだした。
万感の思いで作業が始まった。
まずは燻燦老乱の解体。

最初に集まった数人であっという間に解体され
ねねのメンバーやベトナム人たちがぞくぞく到着した頃には
もう燻燦老乱は解体されてしまった。

DSC04808 DSC04813 DSC04829 DSC04831
DSC04834 DSC04837 DSC04838 DSC04839
DSC04840 DSC04841 DSC04842 DSC04844

取り出されたコンパネや電灯はやはり燻製状態だった。

DSC04818 DSC04815 DSC04801

ルアンさんは今日もたきびの当番。

DSC04893

ところで、高木さ~ん、、そこで何してんのん。。。

DSC04871 DSC04872

奥のトイレの内装を取り外し、、
最後に残った緑のトイレを解体。
当時ボランティアに作ってもらったこのトイレはとても頑丈に出来ており
解体するにも一苦労だった。

DSC04895 DSC04898 DSC04901 DSC04902
DSC04911 DSC04913 DSC04916 DSC04917

これまで外したコンパネや角材はトラックに積み
明日姫路へ再利用のためグェンさんが運んでくれる。

DSC04849 DSC04894 DSC04943 DSC04952

地面にはめ込まれていた板の道も外され
最後の砦周辺もすっかり片付いた。

DSC04950 DSC04951 DSC04959

さすがに自力では基礎や土間コンをすべて解体できなかったが
これですべきことはすべてした。

この9ヶ月ほどの間みんながケガや事故もなく
無事に過ごせたことに感謝です!
ホッと一安心です。

みんなほんとうにご苦労さま。
そしてどうもありがとう!


DSC04928 DSC04927 DSC04926

打ち上げの時、となりにいたベトナム人が言ってくれた、
「神父さん、最後というのは終わりのことじゃないんだよ。
始まりなんだよ」って。。。

ps:
明日は朝から解体業者が作業を始める。

2006年2月18日 (土)

060218 燻燦老乱3 最後の晩餐

去年の12月15日に突如出現した燻燦老乱も
いよいよ明日、最後の日を迎えることになった。
ねねの番組が終わった後
みんなはたかとりに戻ってきた。

DSC04660 DSC04661 DSC04674 DSC04685

川福さん、大見さん夫婦、高木さん夫婦、須永さん、佐藤さん。
かよさん、吉岡神父、池田さん、そして鈴木さん、吉本さんも来た。
名残惜しいが今日が最後の晩餐。

DSC04670 DSC04695 DSC04727 DSC04713

高木さんは20数年しまっていた秘蔵のブランデーを持ってきてくれた。
ウン十万はするらしい。

DSC04690

ほんとうはみんなおめかしをして飲みたいところだが
そこはたかとり。
いつものように燻されながら上等な酒に舌鼓を打った。
高木さん、貴重なものをどうもありがとう!

DSC04736 DSC04718 DSC04724
DSC04737 DSC04740 DSC04739
DSC04721 DSC04743 DSC04742
DSC04779 DSC04771 DSC04754

いくつになっても子どもにかえれるんだなぁ。
子どもにかえれる場所があってよかったなぁ。

DSC04789 DSC04783 DSC04795

最後に肩を組んでみんなで「今日の日はさよなら」を歌って
名残を惜しみ、今日の日にさよならをした。

DSC04699 DSC04702 DSC04765

明日は燻燦老乱 解体だ。

2006年2月10日 (金)

060210 解体チーム休みなし4

Dsc04533 Dsc04537 Dsc04538
Dsc04526 Dsc04545 Dsc04539
Dsc04551 Dsc04550 Dsc04544

2006年2月 9日 (木)

050209 解体チーム休みなし3

私は今日は仕事で姫路へ行ったので
たかとりでの様子は分からなかったが
ツェットから写真報告が入った。
日曜日のベトナム人たちのパワーに劣らず
平日の日本人チームもがんばってま~す!

でも誰だろう?
教会から川福さん、池田さん、大見夫婦、、、かな?
地域からも高木夫婦、須永さん、、、かな?

司祭館の床の大きな木も取り外された模様です。

060207_145802 060207_145901 060207_145902 060209_150701
060209_150801 060209_150802 060209_151201 060209_151202

カウントダウン、、、あと10日。

2006年2月 8日 (水)

060208 解体チーム休みなし2

Dsc04519 Dsc04520 Dsc04522

2006年2月 6日 (月)

060206 解体チーム休みなし

Dsc04516 Dsc04517 Dsc04518

2006年2月 5日 (日)

060205 カウントダウン

業者による本格的な解体作業は20日からとなりました。
ということで後14日。
カウントダウンが始まりました。

残すところ日曜日はあと2回。
今日もベトナム人たちはがんばってくれました。

この2週間で木材関係はすべて整理しようと思います。
後にも先にもこれで解体の最終章です。
最後ですからみなさん是非手伝いに来てくださいね。

イブサンローランの部屋は19日にみんなで解体します。

DSC04432 DSC04438 DSC04450 DSC04451
DSC04460 DSC04463 DSC04480 DSC04487
DSC04488 DSC04497 DSC04501 DSC04507

2006年2月 1日 (水)

060201 やっとやっとやっと

再建再建といいながらなかなか進まず
ご心配をおかけしています。

昨年5月末の「たかとり10周年感謝祭」をもって
教会、NGOの活動機能を一時的に移転し
再建へと向かったわけですが、、、
この度ようやく。。。

本日2月1日に宗教法人カトリック大阪大司教区の承認を得ることができ
たかとり教会はいよいよ再建へスタートを切ることになりました。
(カトリック教会は単体では法人格をもっておらず教区が法人格であるため)

これまで長きに渡って救援活動及びまちづくりの拠点として支援していただき
ほんとうにありがとうございました。
再建中も何かとご不便をおかけすると思いますがどうぞよろしくお願いします。

本格的な解体工事は2月20日から行われ
それが終わり次第再建工事が始まる予定です。

みんなでよってたかっての手作業での解体作業は
2月19日まで毎日続けられます。
みなさん手伝いに来られませんか。。。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »