« 060824 聖堂の足場組み始まる | トップページ | 060902 M78星雲から宇宙船 »

2006年8月31日 (木)

頚椎症性神経根症3

今朝9時に脳神経外科に診察に行ってきた。レントゲン、MRIを終えてすべて終わったのは14時。何と5時間もかかった。予約を取って行っているのに何か関係なかった。診察を待っている人数はそれほど多くはなかったのだが待たされた。どうも先生の説明が詳し過ぎて丁寧で長引くみたいだ。おかげで色々勉強になったが5時間もかかるのは勘弁してほしい。
脳の診断の結果は良好だった。今の機器はすごい。脳内の動脈だけを浮き出させて、3Dで色んな角度からパソコンで見せてくれる。脳みその輪切りも色んな切り口で見たのだが異常はなかったのでよかった。自分の頭蓋骨の中を覗いたわけだが、妙な気分だ。自分で頭蓋骨の蓋を開けて見てるような。。。
しかし、あらためて思ったが、、、頭の形は悪いなぁ。
ただやはりレントゲンで頚椎を見ると、軟骨が無くなっているだけではなく5,6番目の骨が圧縮変形してきていた。これが進んでくると神経を圧迫し始める可能性があるという。また、首を曲げると5,6,7番目の頚椎は軟骨がないので動きがなく3つが固定された状態で、その上の頚椎が全部ずれる様な格好で曲ってしまう。とてもバランスが悪い状態だそうだ。
そして、別の病名を言われた。「脊柱管狭窄症」。脊椎の圧縮変形で神経が通っている脊柱が狭くなっている箇所があると言うのだ。これもだんだんと狭くなる可能性もあるそうだ。症状がひどくなれば外科手術も必要になるでしょうが今のところは大丈夫。
治療としてはただ安静にしているようにとのことだった、、、と言われてもなぁ。。。日常の習慣を正すことでとりあえず対応してゆこうと思う。
明日から9月だなぁ。

« 060824 聖堂の足場組み始まる | トップページ | 060902 M78星雲から宇宙船 »

かんちゃん日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/11710222

この記事へのトラックバック一覧です: 頚椎症性神経根症3:

« 060824 聖堂の足場組み始まる | トップページ | 060902 M78星雲から宇宙船 »