« リヤカー | トップページ | 060824 聖堂の足場組み始まる »

2006年8月14日 (月)

頚椎症性神経根症2

MRI検査に行ってきた。初めての体験。何でもそうだけど初体験って言うのはワクワクドキドキ。青春時代に戻ったよう!?・・・そんなことを言ってる場合じゃない。13時に受付をしてからX線、MRI、診察と続き、出てくるまで3時間ほどかかった。大きな機械の中に飲み込まれてゆくのだが、何となくサンダーバード1号の発射準備のような気分。MRIは途中機械が故障して待たされた。MRIでは30分ほど首を動かしてはいけないのだが、ついつい唾を飲み込むときにうごいてしまうし、咳が出そうになってこらえているとやっぱり動いてしまうし、そのたびにやり直しがあって時間がかかった。
結果は特に骨が神経を押している箇所もなく大丈夫だそうだ。しかし軟骨が2箇所磨り減っているのはやっぱりそうだった。原因を聞いても「老化」とだけしか言われなかった。念のために脳神経科に行くように言われた。何かショックだ。整体とかマッサージとかは行かないようにとも言われた。そんなこと言われても、このまま何もしないわけにはいかない。聞けば、ストレッチの図解説明書を渡された。
それにしても首に負担がかかることを何かずっとやってきたわけだ。普段から姿勢がとても悪いのは自覚していた。パソコンを操作しているときや運転しているときだ。そして、今ハッと気が付いた。このブログの左上に描いてある私のイラスト。ある画家さんが描いてくれたものだが、よく見ると顎を突き出して猫背になっている。自然にしている姿勢そのものが首に負担をかけているみたいだ。こんな普段の積み重ねが異常の元になっていたのだなぁ。首にかけているタオルも重いのかなぁ。いやそんなことは関係ない。
寝ているときにどうもシビレがひどくなるようだったので寝方を変えて少しシビレはましになってきた。私はうつ伏せになって寝るのが好きだったのだがこれだと首に負担がかかっていたのだ。
いろいろ改めなければならないことがありそうだなぁ。

« リヤカー | トップページ | 060824 聖堂の足場組み始まる »

かんちゃん日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/11596040

この記事へのトラックバック一覧です: 頚椎症性神経根症2:

« リヤカー | トップページ | 060824 聖堂の足場組み始まる »