« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月22日 (金)

060922 火の見櫓(やぐら)

パビリオンかと思った建物には周りをぐるっと梯子?が据え付けられた。う~ん、そっかぁ。この辺りは地震で火災が起こった地域だ。いざと言う時に町の人たちみんなでこの建物に登って周りの安全を確かめるんだな!?

Dsc05665 Dsc05666 Dsc05667

2006年9月20日 (水)

頚椎症性神経根症4

もう新たに病院に行く必要はないと思っていたが、おばあちゃんたちに勧められて別の病院に行くことになった。おばあちゃんたち(お姉さまたち)二人もついて行ってくれた。門戸厄神にある何かのんびりした病院だった。

前の病院から取り寄せた頚椎のMRIとレントゲンを持って行ったのだが、腰と膝のレントゲンもやはり撮った方がいいとのことでそうした。そしたら新たにまた病名を言われてしまった。脊椎分離症。脊椎(腰部)の堆間関節突起部の骨が剥離しているということだった。レントゲンを見て私にもそれが分かった。それと脊椎の下部が正面から見ると大きく横に歪んでいた。現状では痛さを感じないのだが、ほおって置くと下半身の神経を刺激してくるということで、ひどくなると排尿や排便ができなくなるそうだ。これはかなんなぁ~。さっそくガードルをしめられた。頚椎(首)の脊柱間狭窄症は首の真ん中辺りだった。狭くなっているのが目視できた。でも今は神経を刺激するほどではないということだった。変形してしまっている骨は元には戻らずひどくなると手術だそうだが、今はそこまでは必要はない。治療としては骨の周辺の筋力を高めことだそうだ。

それで日常のトレーニングの方法を学んできた。寝ながらのトレーニング。重い頭を上に置いたままのトレーニングは逆効果だそうだ。3ヶ月ぐらい毎日トレーニングをして筋力がついたら普通の体操をしていいそうだ。

昼からは患者さんたち40人ぐらいと一緒に寝ながら体操を1時間してきた。周りはみんなおばあちゃんたちだった。ちょっと恥ずかしかったのと、おばあちゃんたち用の体操をしても意味があるのかとちょっと引き気味だったが、、、なんのなんの、、結構ハードな体操で、今でも筋肉が痛い。。。普段運動をしていない証拠だなぁ。ボチボチ治療してゆこう。

しかしそれにしても、たかとり教会は日に日に骨格がしっかりしてきていると言うのに、私の骨格はガタガタだぁ。負けんようにせなあかんなぁ。。。

2006年9月16日 (土)

060916 パビリオン

宇宙船から出た足は動かないように固定された。
みなさんご安心を。。。これで大丈夫。歩き出すことはないです。

ご近所の人たちから
「ここでもうすぐ博覧会でもあるのですか?」なんて聞かれてしまう。
そういえばパビリオンみたいだなぁ。
どうみても聖堂なんて誰も思わないだろうな。


Dsc05657 Dsc05658 Dsc05659 Dsc05660

もっちゃんと現場で記念撮影

Dsc05661 Dsc05662 Dsc05663 Dsc05664

2006年9月 7日 (木)

060907 M78星雲から宇宙船3

昨日、宇宙船は定位置に据えられたのだが、、、
なんということか、、、この宇宙船はそれ自体が生命体だったのだ。
今日夕方見に行ったら、何とすでにもう足が10本生えていた。
まるでトカゲの尻尾のようだ。

Dsc05635 Dsc05638 Dsc05639

足元もちゃんと地に着いていてしっかりと固定されていた。

Dsc05646 Dsc05645

この調子だと、、、もしかして、、、
明日の朝になってみると、、、歩き出していた、、、
なんてことがないだろうなぁ。。。
心配だぁ。。。

Dsc05642 Dsc05644 Dsc05641 Dsc05640

2006年9月 6日 (水)

060906 M78星雲から宇宙船2

宇宙船がいよいよ定位置に据えられることになった。

Dsc05628

普通は建物と言うのは下から柱を積み上げて最後に屋根の部分が据えられるのだが、今回は一番最初に屋根が空中で据えられることになった。つまり、状況的には今日が上棟式ってことになるのかなぁ?変なのぉ。。。それにしてもこの作業は難しいだろうなぁ。かなりの技術力がいりそうだ。地上から測量計で空中の位置を確かめての作業だ。数ミリ以上の誤差が出るともう柱がはまらなくなるからなぁ。

Dsc05630

それにしても、斜めだなぁ。近所の人から、建築大丈夫って言われそうだ。滑って隣の家に突っ込んでゆきそうだ。でもでも、この斜めが大事なんだ。でも何かけったいやなぁ。現代版ピサの斜塔?

Dsc05626 Dsc05632

雨もなんとかもって、午前中でとりあえず据え付け完了。
昼から夕方には大雨と雷だった。

Dsc05617 Dsc05621    

2006年9月 2日 (土)

060902 M78星雲から宇宙船

銀河系から300万光年離れたM78星雲の中の「光の国(ウルトラの星)」からたかとり教会に宇宙船が到着した。この惑星は地球の約60倍の大きさがあると言われていたが、今から約26万年前に太陽が爆発して死の星となっていた。しかしこの星に住む住人らは人工太陽を開発しそれを代用してきた。するとその中心から出る放射能によって大きな力を得るようになった。それ以来彼らは「ウルトラ族」として生まれ変わった。今から40年前にその一族のひとりがこの地球にやってきて地球の平和のために働いてくれた。
そしてこの度、そのウルトラの国とたかとり教会が友好関係を結ぶこととなった。この宇宙船で特使が来られ、この地球との友好大使としてこれからずっとこの地球に住むこととなった。乗ってきた宇宙船は友好のしるしとして今後たかとり教会聖堂の屋根として設置されることとなった。地域のまちづくりのためにこれからも活動を続けるたかとり教会の心強いパートナーができたわけだ。

Sa330007 Sa330008_1 Sa330009_1

追伸:
図らずも、、、ウルトラマンメビウスとウルトラ兄弟はもうすぐ神戸にやってくる!

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »