« ペーパードームの記事 | トップページ | 061204 屋根裏からこんにちわ »

2006年11月20日 (月)

ペーパードームの記事2

神戸新聞の磯辺さんが記事を書いてくれています。(引用)

一九九九年九月に発生した台湾中部大地震の被災地に、神戸市長田区から移設されることになった紙の建築物「ペーパードームたかとり」の起工式が十九日、台湾中部の南投県埔里市桃米村であった。神戸から住民ら六人が参加し、現地の被災者や行政関係者ら約三百人と着工を祝った。

ペーパードームは、阪神・淡路大震災で焼失した長田区の「カトリックたかとり教会」の敷地に建てられた。直径三十三センチ、高さ五メートルの厚紙の柱五十八本でテント製の屋根を支える。教会の再建に伴い、昨年六月に解体された。

昨年一月、台湾の被災地でまちづくりをすすめる民間団体「新故郷文教基金会」の廖嘉展代表(44)らがドームの受け入れを表明。桃米村の農地に移築が決まった。約一万平方メートルの敷地に建てられ、被災地内外の人の交流拠点となる。

起工式で移設にかかわった森崎輝行さん(58)は「神戸でも人と人のつながりが復興を支えてきた。美しい場所にペーパードームが再建されることになり、大変うれしい」とあいさつ。廖代表は「日本からは多くの支援があった。『愛と助け合い』を合言葉に頑張っていきたい」と笑顔で話した。(磯辺康子)

神戸新聞 061120

« ペーパードームの記事 | トップページ | 061204 屋根裏からこんにちわ »

ペーパードーム【再生】日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163269/12757017

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパードームの記事2:

« ペーパードームの記事 | トップページ | 061204 屋根裏からこんにちわ »