« 070105 仕事はじめ | トップページ | 1.17のお知らせ »

2007年1月 9日 (火)

070109 職人技

新しきものの中にも古きものを残してゆく。
旧司祭館に使われていた二階へ上がる階段の欄干を残し再利用することとなった。外してそのまま使えばいいようなものだがそう簡単にはいかない。階段の傾斜の角度が違うのだ。ひとつひとつ角度を調整して付けていかなくてはならない。そこでベテランの職人技が力を発揮する。おじさんがんばってぇ。よろしくね。

Dsc06150 Dsc06151 Dsc06152

聖堂の建物は鋼板とガラスで覆われる。工場で作られたものをそのまま貼り付ければそれですむと思ったら大間違い。ひとつひとつ現場でハサミを使って形に切り、ペンチのようなもので折り曲げてゆく。まるで模型を作っているような作業だが、これはほんまものの建物。これぞ手作りの本髄、、、だが、、ここは聖堂の一番上の部分。現場での作業は大変そうだ。。。でもきっと良いものが出来そうな予感がする。おにいさんがんばってぇ。よろしくね。

Dsc06170 Dsc06171 Dsc06172
Dsc06173 Dsc06174 Dsc06175

PS:
今日も仕事が終わって仕事関係の人たちと飲みに行った。帰りに駅前で新装開店直前の店の前に貼ってあった張り紙をみて思わず。。。

Pa0_0000

PS:
部屋に帰ろうとしたら下の事務所に明かりがついていた。林さんと小野さんと河合さんが「野田北かわらばん69号」の編集作業をしていた。10日発行なのでおそくまでがんばっていた。内容はこちらまで。。。
http://www.nodakita-furusato.net/modules/kawaraban/

Sa330001_2

« 070105 仕事はじめ | トップページ | 1.17のお知らせ »

たかとり【再建】日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 070109 職人技:

« 070105 仕事はじめ | トップページ | 1.17のお知らせ »