« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

わるがき送別会

今日はわるがき会のメンバーの送別会が三ノ宮の神戸交通センタービル内のタピルカで行われた。送り出される人は、、、この人。
Ts3e0298 Ts3e0296

浄土宗のお坊さんで、、、、じゃ、ないんです。
彼は日本基督教団の牧師の伊藤さんです。
そう、プロテスタントの牧師なんです。
こんど北海道の興部(おこっぺ)へ転任です。
みなからプレゼントの帽子、カバン、お花をもらってご機嫌です。
Ts3e0306

向かいで送別の挨拶をしているのが
ほんものの浄土宗のお坊さんで明石さん。
Ts3e0293

伊藤さんの隣は吉岡神父さん。
Ts3e0299

今日の幹事役は宮司の別所さん。
Ts3e0294

伊藤さん、お元気で。。。そして幹事役の別所さんご苦労様でした。
2次会はカラオケで宮司さん親子4人は熱唱!伊藤さんも座り込んで大熱演!
Ts3e0311_2 Ts3e0316

この送別会、周りの人は誰も宗教者たちの集まりだなんて気がつかないでしょうね。もちろん今日は送別会なので特別。普段はそれぞれの教団、宗派で人生をかけて活躍してられますよ。今回は僧侶3人、宮司2人、牧師1人、神父2人、プロテスタント信徒3名、宮司の家族3人、新聞記者1人の総勢15名の集まりでした。


<参考までに>

震災を生きる宗教者の集い(通称ワルガキの会)について

設立の経緯

阪神淡路大震災から2年目を迎えようとする1996年の初冬、震災救援活動を通じて出合った宗教者(キリスト者、仏教者)の間にこの震災において宗教(者)の責任とか役割について考える必要があるのではないかという認識が共有されていた。1997年1月17日第2回「市民とNGOの”防災”国際フォーラム」を開催した時、フォーラムの組織委員会のメンバーである神戸市仏教連合会と協議し、連合会主催の追悼会終了後 ”灯かりをともしませんか” と題して仏教、キリスト教、神道および一般市民の代表がそれぞれの服装でローソクをもちそれを市民から寄贈された約6000本のローソクに共同で点火した。この準備の話し合いを通じて継続的に震災における宗教(者)の責任や役割について考える場をもつ気運が具体化した。1997年の晩冬、浄土宗済鱗寺において第1回の会合が持たれ、以後、カトリック鷹取教会、臨済宗瑞龍寺、弓弦羽神社、有馬湯泉神社などを会場に月一回のペースで開催した。当初は互いに知り合うことを心がけ食事を共にし、かつさまざまな話題を自由に出し話し合った。この会はメンバーが所属する宗教教団にとらわれず自由に語り合うこと、他の宗教を批判するのでなくむしろそれらを理解することを主眼にして進められた。会の名称は所属教団にとらわれずしかもそれを相対化する意味も込めて”ワルガキの会”とした。

共同作業

集まり始めて約半年後、震災4年目になる98年1月の記念日にむけてこの集いから何らかのメッセージを発信することを決定し準備に取り掛かることにした。約4ヶ月をかけて震災後の被災地の状況と犠牲者の追悼、鎮魂、新生などのついて話し合っていった。そこから 「いのり  追悼と新生」 というメッセージをまとめ被災地にある宗教法人約1600団体に賛同を求めて連絡を取った。この時点(97年秋)で会の正式名称を「震災を生きる宗教者つどい」とした。98年初頭、約1割160の団体個人から賛同を得て1月17日神戸市湊川公園においてそれぞれの宗教の服装をした宗教者と一般の市民約200人がつどいこのメッセージを採択した。尚この集会は第三回「市民とNGOの”防災”国際フォーラム」と関連して実施された。その後例会は月一回のペースで続けられ、あらたに神道、時宗、バプテスト派の宗教者が加わった、というより賛同者として参加した。98年8月ぐらいからメッセージの中で触れている被災地における宗教者の行動計画について協議を重ね、具体的な実践としてこの約4年主として被災地のNGOが取り組んできた国内外の緊急救援活動への支援協力をするということを決定した。

今後の活動

これからも例会を地道に続けメンバー間の相互理解を促進する。会として積極的に世論づくりを進めるというような形ではなく宗教者としてみずからを省み各自が生き動いている現場でその相互理解の促進を通じて得られたものを活用する。とはいえ例会の中で必要と考えた事柄があればその時々に応じて取り組んでいく。

以上

2008年2月28日 (木)

老人クラブで

今日は池田市老人クラブ連合会の研修会に講師で呼ばれ行ってまいりましたぁ。テーマは「まちづくり」。1時間半の話でしたが、みなさん長時間で体力的に大丈夫かなと思ったのでしたが、なんのなんの、みなさん最後まで礼儀正しく聞いてくれはりました。人前で話をしているとこちらからはみなさんの顔が良く見えます。また特に後ろの方の人は前の人より意外とよく見えてしまいます。(注:なので眠るときは前列の方が意外と気がつかれないですよ。(^_^)v。)いつもは後ろの方は眠ってられる人が多いのですが、今日はみなさんしっかりと起きていて下さいました。それどころか、ちゃんと首を振ったりのリアクションもしてくださいました。もうこれだけで、話をしてるもんとしては大きな励みになり、話にも拍車がかかります。人生の先輩たちはそんなことはとおにお見通しで、聞いてる側にいる時も話してる側が話しやすいように配慮してくださる。私自身が励まされた講演会でした。

Ts3e0286 Ts3e0287

司会をして下さっているこのお姉さんに声をかけていただいて池田まで行ってきたのですよ。今日は71名のみなさんが参加されてました。池田市老人クラブ連合会は池田市友愛クラブ連合会に名称変更しましたそうです。

Ts3e0288 Ts3e0289

ps:
講演会が始まる前にお茶を買いに商店街まで出て行くと、角のお店で美味しそうなたい焼きが売ってたので一つ買って食べてたら、それを見ていたスタッフの方が気を使ってくださったのか、講演が終わったらイチゴ大福を出してくださった。まぁ、そんなに甘党じゃないんだけど美味しく頂きました。

Ts3e0283 Ts3e0285

コロンビア再会2008

日比野吉富がいま仕事で南米はコロンビアに行っている。コロンビアといえば1999年1月25日に大地震があったところだ。神戸でも「コロンビア地震救援委員会」を発足し支援が始まった。視察に私が行くことになった。その時一緒コロンビアまでついて行ってくれて案内をしてくれたのがコロンビア人でイエズス会司祭のアンドラーデ神父だった。その当時の報告は左のカテゴリーの中の「コロンビア視察1999」に書いてある。又、以下のURLにも報告がされている。
http://www.pure.ne.jp/~ngo/erc/1995-1999/199901crb.html

その時に世話になったイエズス会の神父さんたちに日比野、吉富が会いに行ってくれた。左の白い祭服姿がヒメネス神父で神戸の支援の受け皿となったセルビビエンダというNGOの代表。ジャンパー姿がアンドラーデ神父。9年ぶりに写真でお会いすることになった。懐かしい。。。

以下、日比野、吉富が写真つきでメールを送ってくれた。

Dscn2175 Dscn2178 Dscn2179

神田さん

こんにちは、日比野です。
ボゴタに着いて二日目を迎えました。
夕方にアンデレーデ神父さんに会いに行ってきました。

とてもフレンドレリーに私達を迎えてくれましたが
少し前に脳血栓を煩い、右半身がやや不自由になり
仁豊野にあるような神父さんの養老院で生活していました。
メールも左手一本で書いているそうです。

でも、とても元気で、
上智大学で教鞭をとっていた頃の話を
たくさん聞かせていただきました。

神田さんがコロンビアに来た際のことも
懐かしそうに話していて、
神田さんのネットでのリアルタイム情報発信ぶりに
「彼はすばらしいコミュニケーターだ」
と感心をしていました。

「くれぐれも神田神父さんによろしく」
とのことでした。

また神田さんが会ったセルビエンダの代表の
神父さん(写真)にも会いました。

写真を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かんちゃんへ

アンデラーデ神父さまは、日本語で話せるのを大変喜んで
いらっしゃいました。日本にもまた行く,とおっしゃってましたよ!
もう喜寿をむかえられたそうです。

とみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ps:アンドラーデ神父は現在「五体不満足」という本のスペイン語訳を手がけておられるそうです。
ps:とみちゃんのブログ報告
http://tomichan111.blog16.fc2.com/

2008年2月22日 (金)

てんまばし5

たかとりで出会ったお坊さんに「大阪でお会いしましょう」と声をかけてもらっていた。早速今月電話を下さって会うことに。待ち合わせはJR天満駅で。。。もう一人のお坊さんも参加。

まず改札口でお坊さんが、、「じゃ、今日の予定を決めましょう」と、、、
「まず会費は一人5000円。時間は10時まで。そしてこれから天満で5件ハシゴをします」
「え~5件もですかぁ。5000円で大丈夫ですのん」
「まかしときなさい。さぁ、今から立ち飲み修行に出かけます!」
「は、はい~」。
てなわけで、、モモ太郎さんについていく犬になった気分でワンワンと着いて行きました。天満で5件のハシゴ「てんまばし5」の始まりですぅ。。。

まずは商店街の中の「七福神」。
Ts3e0242 Ts3e0245

ここを最初に選んだ理由が。。。
Ts3e0244

生中一杯とアテにどて焼き、串カツ。店の中に入らんと商店街に突き出した台で3人囲んで乾杯。
Ts3e0246 Ts3e0247

生中一杯飲んだらさぁ次のお店へ。「大安」って店。
Ts3e0248 Ts3e0249 Ts3e0250

ここは刺身が美味しいと。。確かに美味しい。天満は安くてウマい。しかし、下の写真見てもろて分かるけど、どう見てもこの二人普通の職業の人には見えんわなぁ。。。人のこと言えんけど。。。
Ts3e0252 Ts3e0251

さぁ、美味しい刺身を食べてちょっと贅沢をして、、次は。。。
Ts3e0253 Ts3e0255 Ts3e0254

かんとだき、、、関東煮「権兵衛」。。これもまたウマい。。私は厚揚げと大根。。。
Ts3e0256 Ts3e0257 Ts3e0258

さぁ、客さんも混んできたのですぐに場所を譲ってあげて。。次は「風月」。
Ts3e0259 Ts3e0260 Ts3e0263 Ts3e0264

ここはお好み焼き屋さん。そば焼きとねぎ焼きと。。。
Ts3e0265

店じまいに追い立てられて食べたらすぐに脱出。。
Ts3e0266

さぁ、次は最後の5件目。時間もちょうど9時半前。。仕上げは、「まさいち屋」。。ここも閉まりかけでつまみはなさそうだったが、ここではマッコリが飲めるのです。でも、最後にマッコリはちょっとマッコリ。意味が分かりませんが、足を取られるので気をつけなければ。。。
Ts3e0268 Ts3e0269 Ts3e0270 Ts3e0271

さて、ここで予定の10時が来てしまった。手元に残ったお金は。。。
Ts3e0277

じゃこれを使い切るために、もう1件。。どこにしようかなぁ。。。あれっ、商店街の中をどうどうとトラックが通りよるなぁ。こっちはマッコリで足にきはじめてるし、、危ないなぁ。
Ts3e0273 Ts3e0274

ラストは、、、すし屋!えっ、でも3人で残金は1,320円しかない。大丈夫かなぁ?
Ts3e0275 Ts3e0276

え~っと、瓶ビール一本と熱燗一本。しそ巻き、かっぱ巻き、ウズラ巻き、、、
Ts3e0279 Ts3e0278

おじさ~ん、オアイソ。。。なんぼ~?
Ts3e0280

すごい!おつりが出た!
Ts3e0281

この20円3人で割るとどうしても割り切れないので、喧嘩せんようにすし屋にプレゼントしてと。今回は一人5000円ピッタリの楽しい食事会ができました。お坊さんどうもありがとう。しかし、それにしても、よくお店を知ってはるなぁ。。。。あっ、そうそう、ただ飲んでただけじゃなくて一杯話しもしたんですよ。話の内容はまたのお楽しみということで。。。

2008年2月18日 (月)

ネットワーク1.17

MBSラジオ月曜日19時半からの番組「ネットワーク1.17」に1年ぶりに呼んで頂いてスタジオまで行ってきました。土曜日の番組から月曜日の番組に編成されなおしてもうすぐ1年になります。前回は土曜日の番組の終わり前に呼んでいただきました。
http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2007/03/070317_3bb0.html
今回で5回目になるんですって。気がつきませんでした。

今回はおみやげを持って行かなかったのですが、前回のときはたかとりのヒノキのオケを持っていきました。妹尾さんはそれを今も使ってくださってるそうでありがたいことです。妹尾さんいわく、「これ使っておかないと乾燥して回りの留め金が外れるんです」って。。。あっ、ごめんなさいm(__)m。

前回は番組のリニューアルの前に呼んで頂いたのですが、果たして、今回も何か番組のリニューアルがあるのかしらん。。。。

そうそう、今回は番組が終わってから局の13階で一緒に食事をよばれましたぁ。それも、乾杯つきで。。。わぁ。。妹尾さん、魚住さん、大牟田さん、そしてスタッフの新川さん、寺澤さんどうもありがとー。ごちそうさまぁ~。。

Ts3e0238 Ts3e0239 Ts3e0241

http://www.mbs1179.com/117/

2008年2月10日 (日)

ペーパードーム・レター特別号

ペーパードーム・レター特別号 ←click

1月25日の立柱式は成功でした。
新故郷基金会のホームページをもとにまとめたものをご覧ください。

野田北ふるさとネット

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »