« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年8月

2010年8月22日 (日)

橋本文夫くんへ

54年の人生、お疲れ様でした。
人生最後に食べたかったのは「あんぱん」でしたね。
残念ながらそれは叶わなかったでした。
私たちにとっては可哀想なことと思ったのでしたが、
よく考えてみると実はそうではなかったのですね。
あなたが人生をかけて伝えたかったこと。
それを最後に語ってくれたのですね。

それは、
「アンパンマン」のような生き方のメッセージだったのですね。
神様から与えられた「いのち」そのものを素直に生きること。
自分の中に閉じこもるのではなくいつもみんなの中にいること。
そしてそんな自分を周りに「食べて」もらうことで
私達がついつい忘れてしまうことを思い出させてくれたこと。
特に家族にとっては大切なあなただったに違いありません。

お疲れ様でした。
そしてありがとう。
お父ちゃんによろしく伝えて下さい。

2010/08/22

« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »