たかとり教会

2011年1月 2日 (日)

たかとり教会案内

★ 神戸中ブロックの予定

   たかとり教会の日曜日、主日ミサは9時からです。

2_2

<たかとり教会 略歴>

1927年~1939年 ジュピア神父
 1929年1月13日 新聖堂祝別(カスタニエ司教)
1939年~1944年 ベルゼス神父
1944年~1950年 エルベ神父
 1945年3月17日 神戸大空襲 聖堂を避難所として地域住民を受け入れ
1950年~1965年 フロアドボー神父
 1952年 鷹取幼稚園を設立(~1987年)
1965年~1969年 ムジカ神父
1969年~1988年 ポンス神父
 1977年5月8日 創立50周年を祝う
  1987年3月31日 鷹取幼稚園閉園
1988年~1991年 有馬志朗神父
1991年~2007年 神田裕神父
 1992年6月7日 キリスト像祝別
 1993年8月19日 ベンポスタ子どもサーカス歓迎会
(1994年~1998年 パオロ神父)
 1995年1月17日 阪神淡路大震災 聖堂全焼 救援基地スタート
 1995年9月17日 ペーパードーム完成
 1997年9月14日 創立70周年を祝う
(2001年~2003年 マン神父)
(2002年~2004年 ミケランジェロ神父)
 2005年1月17日 震災10周年 カトリックたかとり教会と名称を変更
 2007年5月26日 新聖堂献堂式
2007年~2011年 吉岡秀紀神父(神戸中ブロック)
2009年~2011年 ミケランジェロ神父(神戸中ブロック)
2011年~2012年 小田武彦神父(神戸中ブロック)
2012年~2014年 アニセ神父(神戸中ブロック)
2014年~      エマニュエル神父(神戸中ブロック)

2009年6月 1日 (月)

たかとり教会建築のパンフ

Takatoricatholicchurch1_3
Takatoricatholicchurch2_2

「TakatoriCatholicChurch.pdf」

2009年3月26日 (木)

大黒柱

リーフグリーンの吉本さんから以下の報告ありました。

吉本です。皆様にご心配をおかけしましたが、103歳の長谷川総子さんが明日めでたく退院されることが決まりました。胸骨の骨折を乗り越えて、たくましく生きて居られるお姿に感服しております。支えて居られる、亡くなられた一人息子さんのお嫁さんもまた、ご立派です。かく在りたいと思わせる、素晴らしいご家族です。

////////////////////////////////////

朗報が入ってきたのです。
実は心配していたのです。

たかとりの大黒柱が戻ってこられました。
長谷川のおばあちゃんは私がたかとりに赴任してきた時は85歳でした。
その時から最長老の一人でもありました。
震災時にはたかとりのおばあちゃんたちをしっかりとまとめ
ともすればバラバラになってしまう教会をしっかりとつなぎとめてくださいました。

震災が起こって半年ほどで教会からは苦情もでました。
なぜ教会をたてなおさないでボランティアばかりがいるんだと。
そもそも神田は教会の年寄りのことを考えとるんかと。
それを言われると何も言えませんでした。

ところが最長老の長谷川さんはこう言ってくれたのです。
「私は材木を運ぶ力がないのでボランティアさんのように働くことはできないです。
でも神父さんやボランティアのみなさんのためにお祈りはできます」

この言葉が大きな励みとなりました。
この言葉のおかげで今のたかとりやTCCができたというのは過言ではありません。

長谷川のおばあちゃんは震災の年の9月に敬老の祝いを企画してくれました。
おばあちゃんたちが敬老の祝いを若い人のためにやってくれたのです。
自らも三味線や踊りを披露されました。
橋本君のお父さんも一生懸命踊ってくれました。
今はもう80代のおばあちゃんたちもみんな踊ってくれたのです。
ボランティアの人たちに大きな励ましを与えてくれたのでした。

その大黒柱のおばあちゃんが骨折したと聞いてこれはもうだめと思いましたが
リハビリをして復活されてくるなんて!

たかとりのために長生きして下さい。
1905年5月生まれだからもうすぐ104歳やね。

100歳の誕生日の時の報告は以下ですよ。
http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2005/05/050524.html

2008年12月21日 (日)

大そうじ

は~い、ナンちゃん何してんのん?イカの天日干し?
Pap_0073 Pap_0074_2
そうそう、今日は教会の大掃除。。。聖堂の椅子を全部出してと、、、
Pap_0078 Pap_0077
聖堂の床にワックスがけです。
Pap_0079 Pap_0082
聖堂は丸なので椅子がとても並べにくい。それで今回は3つずつをペアーにして並べることにしましたよ。みんな、それぞれの場所でがんばりましたぁ。。
あっ、たいへ~ん、みんなぁ、、雨が降ってきたよぉ~。。。椅子を入れなくっちゃ~。。
Pap_0089 Pap_0090 Pap_0091
キリスト像も磨いてあげてっと。。。
Pap_0093 Pap_0092 Pap_0100 Pap_0083
ガちゃんはちまきづくり。。。
Pap_0096
みんな、お疲れさ~ん。
Pap_0075_2 Pap_0087 Pap_0086

2008年12月 6日 (土)

チョゴリの聖母子

チョゴリを着た聖母子像を探して幾有余年。。。ちょっと大層かぁ。。。
探索隊長のちあきちゃんが探しに探して、やっと見つけたけどサイズが小さい。それで、作者の人を探し出してもらって、やっと特注で92㎝の像を作ってもらうこととなった。
Grp_0002 Grp_0003
そして、この度、隊長のちあきちゃんとその仲間たちは、その像を韓国から連れて帰ることとなった。。。ほんまに、ご苦労様でした。重たかったやろぉ。。。
Grp_0005 Grp_0004
てん末記はちあきちゃんのブログへ。。。
http://fmyykim.exblog.jp/9031486/
http://fmyykim.exblog.jp/9047373/
http://fmyykim.exblog.jp/9052850/
http://fmyykim.exblog.jp/9079194/
ということで、11月23日たかとりにチョゴリの聖母子像が据え付けられたのでした。
Ts3e1271 Ts3e1270 Ts3e1272

2008年11月17日 (月)

フィーさん逝く

本日午前146分に、西市民病院で教会のベトナム人 グェン・バン・フィさんが亡くなられました。トラン・ティ・バンさんのご主人です。震災の時はフィさんだけは倒壊した家の中から出られませんでした。家族みんなはあきらめかけていましたが助け出されました。そのあとは新湊川でテント暮らしをしていました。紙のログハウスで最初に住んだ家族です。

01 02

震災の年の秋にNHKの新日本紀行で家族が取り上げられました。フィさんは靴の職人で手作りでブーツなどをつくります。日本に来てからはもっぱら靴の内職の仕事でその技術を活かせることはできなかったのですが、番組終了後、各地からブーツの注文が入ったことがありました。番組の中で私にも靴を作ってくれました。みなさん、お祈りください。

通夜・葬儀の予定は以下の通りです。
仮通夜:1117日(月)1900
納棺:1118日(火)1700
通夜:1118日(火)1900
葬儀:1119日(水)1100
いずれもカトリックたかとり教会にて
明日と明後日の通夜・葬儀にはヒェン神父さん司式されます。

2008年11月16日 (日)

ステンドグラス2

今日は兵庫教会でミサでした。普段特に意識して見ていなかったのだが、よく見ると正面のステンドグラスは先週の高松のカテドラルのステンドグラスと同じタッチで描かれてるようですね。
http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2008/11/post-794f.html

旧中山手のステンドグラスだったので、たぶん作者が同じではないかな?

Ts3e1226 Ts3e1225 Ts3e1224

2008年10月26日 (日)

花梨

鈴蘭台教会の庭の片隅に何やら実のなる木。
Ts3e1087
これは花梨(カリン)の実。
Ts3e1091
ベロー神父さんの話によると2年に一度実をつけるそうです。
実を3つもらった。果実酒にしよう!ははぁ。。。
Ts3e1088 Ts3e1090 Ts3e1086 Ts3e1085
ちなみに花梨はバラ科なんですね。

2008年9月 7日 (日)

マトン

Ts3e0956

今日も快晴。。お昼ご飯は何やらまた手作りだぞぉ。。いいですねぇ。ほんで、今日は何ですか?

Ts3e0951

羊のお肉でしたぁ。普通ならちょっと臭みが出るのだけど、そこはベトナム人たちの知恵。確か、レモングラス?って名前の葉っぱを使っておいしく頂けるのです。スープも絶妙!ほんとはココナッツスープなんだそうだが、ないのでミルクで代用。これがまた美味しいぃ~。。。何杯飲んだことか。。。

おいしいお肉を頬張りながら、男たちは政治談議に花を咲かせていました。。。ちょうど福田首相が辞任した後だったからね。。。
Ts3e0953

女たちは料理談議に花を咲かせてましたぁ。
Ts3e0957

全然関係のない話だけど。。。
マハラジャマックって知ってます?インドのマクドナルドのメニューだそうですが、牛はだめなので羊の肉を使ったビッグマックだそうですよ。

2008年7月20日 (日)

富山の薬売り

小さいときは尼崎にも薬を売りに来てはった。家に引き出し式の薬の箱が置いてあって定期的に入れ替えにきはる。名刺ぐらいの大きさの袋に入った薬が幾種類もあった。お腹痛の薬で確か「赤球」ってのがあったなぁ。うちはあまり薬を使わなかったから、薬を入れ替えにわざわざおじさんが家に来ても、赤玉ぐらいしか使ってなかった。子供心に「せっかく来てくれてはんねんからもうちょっと使ったったらええのに」って思ってた。。。急にそんなことを思い出したんは、、、日曜日のミサに早よから来てた高木のお姉さんに会ったからなんよ。。

「高木さん、おはよ~」
「あ、神父さん、おはようございます」
「今日はスカーフなんかして、えらいおしゃれしてるやん。。。えっ、あっ、でも、えらい食い込んでるでぇ。首絞まって窒息するでぇ。そんなにスカーフ締め付けんでも。。。」
「え、これ。大丈夫やぁ」
「高木さんは大丈夫かも知れんけど、横で見てたら心配やわぁ。」
Ts3e0884
「ところで、なんかえらい後ろはふくれてるなぁ。薬でもはいってるんかぁ。なんかセントバーナードみたいやなぁ。それ何なん?」
「これかぁ、これはなぁ、首を冷やしてるんやぁ」
Ts3e0885
「???氷でもいれてるん?」
「塩やぁ。。」
「塩?」
「はぁそぉや。塩を冷蔵庫で冷やして首に当ててるねん」
Ts3e0886
「あっ、ほんまや。伯方の塩や。そのままやんかぁ。なんかおかしいなぁ。笑ってしまうわぁ。袋に入れたままで効果あるん?」
「あるでぇ。アイスノンみたいなもんやぁ」
「ふーん。。。でも首絞まらんようにしぃや。はたで見てて気がきやないわぁ」

そない言うてるうちに、高木さんはスッと離れて向こうにいてはる人に、、、

「あんたどっかで見たことある人やなぁ。誰やったかいなぁ」
「あっ、高木さんですか。お久しぶりです」
「誰やったかいなぁ」
「私はミケランジェロです」
「ミケランジェロ?ミケランジェロ神父さんか?あぁ、そやったそやった。いやぁ~懐かしいなぁ。ほんで何でここにいてはるん?」
「休みでしばらく日本に戻ってきたんですよ」
Ts3e0889
ミケちゃんことミケランジェロ神父さんは今はローマで勉強中。夏休みで日本に来てますよぉ。
Ts3e0888